仕事について 派遣の皆様へ 転職の仕方

【仕事】部下の仕事は上司の機嫌を取ることではないが、上司が求めることをするのが部下の仕事だと思う。

更新日:

お疲れ様です。

最近仕事をしていて、上司との関係性について考えるときがよくあります。

結論として、以下のことを考えれば仕事がしやすくなるのかなーと思いましたので共有させていただきます。

 

1.「上司も人間なんだ」ということを再認識すること。

多分一番大事です。
上司も人間ですから完璧ではないです。基本的に自分よりすごいけど、それでも人間です。

だから

・上司も仕事をしたくないときや、機嫌の悪いとき、体調の悪いときがあることを理解する。

・上司も間違るときがあるし、キャパを超えるときがある。上司も人間ですから。

・間違った指示をするときがある。

・自分がした指示を忘れるときがあって、前と違う指示をするときがある。

 

2.上司は、自分の部を回すことで精いっぱいだということを理解すること。

・上司は、自分の仕事のほかに部下の仕事も見ないといけない。そのため、とてもきつい、ということを理解する。

・完ぺきな指示をする余裕がないことがほとんどであることを理解する。

 

3.上司の機嫌を取ることは部下の仕事ではないが、上司が求めることをするのが部下の仕事であることを理解すること。

・サラリーマン(特に内勤(総務、人事、経理、法務、事務などのように取引先と関係を持たない部門))にとっては、上司の評価がすべて、といっても過言ではないと思います。そして、上司は自分の部を回すという仕事があります。そのため、

部下は、上司が求めることを実行することが一番大事だと思います。

したがって、

意見を求められているときは、意見を返す。

一方、

・考えている時間がなくて、すぐに実行することを求められている場合は、意見があってもすぐに実行する。

・部の雰囲気を明るくしたいと思われている場合は、なるべく明るくコミュニケーションをする。

 

4.1~3は派遣社員も応用できる。

これは、派遣社員も応用できます。

派遣社員の場合、指揮命令者が上司です。指揮命令者とうまくいけば大体仕事はうまくいきますし、契約も更新されます。

指揮命令者がしてほしいと思っていることを実行できることが、評価の高い派遣社員の要件となります。

このとき、あまり真面目に考えたり、注意されたことに一々腹を立てたり、落ち込んだりしてはダメです。

 

また、指揮命令者の評価が高ければ、派遣会社の営業にいい評価が返ってきます。

そうすると、

①給料が上がる可能性がある

②派遣先での直接雇用の可能性があがる

③紹介される派遣先が増える
⇒やりたい職種へのチャレンジ、時給の高い仕事に就ける。

などたくさんのメリットがあります。

 

5.本当にダメな上司・合わない上司のときは、絶対転職した方がいい。

そうはいっても本当にダメな上司、合わない上司はいます。

このような場合は絶対転職した方いいです。

いい意見を言っても評価されず、逆に仕事しにくくなりますし、精神がやむだけです。
☆転職についての記事についてはこちらを読んでください。
⇒転職を考えたときに読む記事

これは派遣先の指揮命令者にも当てはまります

派遣社員の場合は、まず先に派遣会社の営業に相談してください。
間違えても派遣先に言ってはダメです。これは絶対です。

会社の営業は、派遣先に嫌われることを一番恐れています。
派遣先ともめてしまう派遣社員は、よほどのことがない限り、「問題のある派遣社員」としてみます。絶対注意です

裏を返せば、派遣先と良好な関係を気付ける派遣社員や、いやなことがあっても契約更新まで我慢してくれる社員は、多少スキル不足でもいい派遣社員として扱ってくれます。

実際に性格がよいためにで、スキル的には足りていなかったのですが、5年間働いたことにより無期転換した派遣社員もいるくらいです。

 

おすすめて転職エージェント

 

①パーソルキャリア(旧インテリジェンス)

☆↓ここから若者正社員チャレンジ事業の登録画面に進めます
(今パーソルキャリアが力を入れている事業です)。

若者正社員チャレンジ事業


自分は今の会社に入社するときは、パーソルキャリアの紹介で決まりました。
まじめにやって熱意が伝わればとても応援してもらえます。
毎日21:00ぐらいまで電話できますし、面接のときの反省も電話や対談で一緒にやってくれました。
(もっともエージェントさんは忙しいので、事前に予定を聞いた上で相談するとよいです)

 

②MS-Japan

☆↓ここからMS-Japanの登録画面に進めます
経理財務・人事総務・法務の求人・転職なら|管理部門特化型エージェントNo.1【MS-Japan】


MS-Japanは大手というイメージはないのかもしれませんが、管理部門(総務とか、人事とか、経理とか、法務とか、経営企画とか)を専門とした転職エージェントです。

つまり、営業職以外の転職に強い転職エージェントということになります。
「営業はしたくない」という方に超おすすめです。
なぜかというと、大手のエージェントは営業職は嫌だといっているにもかかわらず営業職を進めてくるところもあるのですが、MS-Japanはそもそも営業職の転職を扱っていないため、絶対に営業職の紹介をすることない(できない)からです。

また、未経験でもたくさんの案件を紹介してくれるところもお勧めの理由です。
ちなみに自分は1社目(社会事件経験なしの状態でした)はMS-Japanの紹介で入社しました(年収425万円程度、残業なしでした)

 

③キャリアテック

こちらはレコメンド(推薦)型の転職サイトです。
毎日のようにお勧めの転職先を紹介してくれます(的外れなメールは一切ないです)。
まだ自分は担当者とあったことがないので、雰囲気はわかりませんが、サイトの使いやすさと紹介企業にはとても満足しています。

☆ここからキャリアテックの登録画面に進めます

 

また、派遣社員正社員になる方法についてまとめた記事もあります。
ぜひ読んでください。
⇒派遣から正社員になりたい人必見!派遣から正社員になる超具体的な方法3選

 

-仕事について, 派遣の皆様へ, 転職の仕方
-

Copyright© とにかく笑えれば , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。