仕事について

【仕事】大企業は大変だから辞めた方がいいと思った5つの理由。

更新日:

お疲れ様です。

 

大手人材サービス会社で働いている新一です。

今日は、
大企業も大企業で大変。
やっぱり大企業はやめた方がいいんじゃないか?

ということについて書いていきたいと思います。

 

目次です。

 

0.アイスブレイク

いやー、いつか書くと思ってましたよ(大企業に転職したのが2017年の1月なのですが笑))。

 

さて、以下、「やっぱり大企業はよくない」と思う5つの理由です。
(まだ入社して1年経っていないことは内緒笑)

いやーちょっと前(てか本当に数か月笑)までは、「ついにおれも大企業に入社かー…」とかほざいていたんですがね。

実際大手に入ってみると思った以上に大変なことがたくさんあります。

いまだに大手思考の方はたくさんいると思いますので、その点について自分の反省も含めて、みなさんに共有したいと思います。

 

1.大企業は、ある日急に上司が変わる。下手すると社長が変わる。当然同じ部の人も替わるのが大変!

 

まずこれです。

面接官だった上司の下で仕事したいと思って転職を決めて、一生懸命上司の仕事の仕方になれた矢先。

「来月から新しい室長(「室長」が自分の上司になります)がきます」

 

…え?

 

って感じです。
上司変わると、仕事の仕方とか、求められる能力とか、コミュニケーションの方法とか、いろいろ替わるじゃないですか。

「せっかく慣れてきたのに上司変わるんかいー…」

しかも、前の上司より求める質が高い。。

大企業の場合、普通にこれですからね。

こういうのとか普通にあります。

でも、「会社なんだから当たり前だろ」と思える方はよいと思います。
自分は会社選びをするときは、一緒に働く人を一番に選びたいので、ある日いきなり上司が変わるのは嫌です。
(「だったら初めから入社するなよ」って話なのですが。。)

 

また、来年の2月から先輩が産休でお休みされます。
そしてその仕事が自分に回ってきました。
当然人員の補充はなしです!(笑)

☆大企業はかわいいところで中小企業のようなことをします。

大企業は学生のときのクラス替えかと思うくらい、人が移動しますよね。

「自分は来年、どこで何をしているのか?」ということが予測つきません。

別の会社で働いている友達も、千葉に住んでいたのですが、ある日、「来月から仙台に行ってくれ」といわれ、翌月から仙台に行ってしまいました。

 

結婚とか、子供とか、家の購入とか、両親とか、どうするんだ?って感じです。
人生設計できません。

働く場所、人、時間、は自分で決めたいです。

 

2.大企業は、その会社でしか使わないスキルが多すぎる。転職できなくなっちゃうのが大変!

次はこれです。

てかこれが1位かもしれん。

ほんとに仕事をする上で、その会社でしかつ買わないスキルとか知識とか多すぎるんですよ。

 

【その会社でしかつ買わないスキルの例】

・承認の取り方とか

・他部署の仕事内容とか、

・過去のうちの部署との人間関係の把握とか(先輩が喧嘩してるときあるからね(笑))

・資料の格納場所とか

・新しいシステムの使い方とか

・新しい評価システムだとか

それの習得にすごい時間かけてるけど、ほかの会社では使わないから、転職するとき完全に無駄になってしまいます。

多分、こうして、その会社でしか働けない人が誕生するんだと思います。

大企業からまた別の会社いくときって、
うえの【その会社でしかつ買わないスキルの例】は全部(またはほとんど)違うわけですよ。
だから、それらを使いこなして仕事している人は、社内では仕事できるかもしれないけど、転職ときにアピールにならないんですよ。

だから、大手の人はある程度年齢が高くなってしまうと、転職できないんだと思います。

 

3.大企業は、仕事が分断しすぎてるため、誰かになすり付けてもいいと分かった瞬間の無責任さが半端ないところが大変!

大企業は、部ごとに業務の分担が決まっています。

そして、さらに部の中で、「~課」があり、「~室」のようにさらに細かく業務が分けられてます。

そのため、他の部から「これは法務部の仕事でお願いします」といい、法務の仕事に擦り付けられることがあります。

大企業では自分の仕事じゃないと思った時の無責任感は半端ないです。

したがって、大企業は同じ会社なのに仲間意識が芽生えにくいと思います。

また、大企業では、間接部門(総務、法務、人事、経理等)は、営業部門とは遠くて、お互い言い分が違います。

自分は売上目標達成とか、企業理念の追求とか、同じ目的をもっている仲間同士でケンカするのは本当に嫌です。バカバカしいと思ってます。

 

 

4.大企業はアウトプットのリターンが不公正・不透明なところが大変!

次は評価の不公正さですね。

大企業は、人が多すぎて、細かく人の仕事内容を理解できていない上司が多いです。

そのため、アウトプットの差が2倍あっても、給料はそんなに変わりません。

 

つまり

 

Aさん:アウトプット100
Bさん:アウトプット50

 

の場合でも、

給料は
Aさん:600万円
Bさん:450万円

くらいじゃないでしょうか?

アウトプットでいったら、Bさんは300万円が妥当ですからね。

 

ただ、大企業は大体チームで仕事するし、人が足りないときにサポートする体制ができているから、なんとなーくずっと負荷が少ない人ってできちゃって、さぼりやすい環境はあるんですよ。

それは大企業独特のダメなところだと思います。

 

5.大企業だからって、給料いいってわけじゃないところが大変!

 

最後に。

これは、大企業のダメなところってわけじゃないんですけど、

大企業だからってそんな給料多いとは限らないです。

それより、コミュニケーションとかつかれるし、人の異動も多いし、残業も多いし、国や社会からのチェックもきついし。コスパは悪いかもしれません。

会社の先輩で、45歳くらいの先輩がいるんですよけど、年収600万くらいって言ってましたもん。

 

そうすると、そこそこ働いて500万円くらいの給料+副業、という形が理想だと思いました。

それと、働くところは小さい会社にしたいと思いました。
仲間と楽しく一生懸命働く、っていうのが理想です(甘いかもしれないですけど)

 

それと、テレワークの推奨、副業・兼業の解禁により、
これかはらネットビジネスがより一層流行ると思うので、

ブロガーに対する法務等を目指したいと思います。

著作権とか、名誉棄損とか、契約チェックとか、多分需要はあると思うんですよね。

小さい会社で働いて、ブロガーさんの作った会社の法務も兼業。

これが30代のうちの自分の目標です。

 

ありがとうございました。

S新一

 

 

 

-仕事について
-, ,

Copyright© とにかく笑えれば , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。