恋愛について

【恋愛】モテるために1番大事なことは出会いを増やすこと。

更新日:

お疲れ様です。

15年間片思いだった女性と婚約中のshingoです。

今日はモテるために1番大切なことを書きたいと思います。

なぜかというと、モテないと

とにかく笑えない

からです。

男として生まれた以上モテたいですよね。また、好きな人と結婚して幸せになりたいと思いませんか?
自分は、健康的な生活で、好きな人と、お金に困らずに(贅沢は「できれば」というレベル)生きていきたいと思ってますので、モテるならモテる方が幸せだと思っております。それではよろしければ読んでください。

 

 

 

はじめに.1番大事なことは出会いを増やすことです。

モテるために1番大事なことは、出会いを増やすことです。

何でかというと、モテるためにはたくさんの女性にアタックをすることが必要になるからです。

 

(1)まず、モテる人とモテない人の1番の差は、女性からのOKを確率で考えているか、量で考えているかにあります。

 

モテる=女性からOKをもらえる確率が高い人

モテない=女性からOKをもらえる確率が低い人

 

と考えているところにあります。

モテるためにはまずここから変える必要があります。

モテるために1番大事なのは、たくさんの女性にアタックすることです。
そのために、出会いをつくるのです。

 

3人の女性にアタックをして1人からOKをもらった人(OK率は33%)と、50人の女性にアタックをして10人からOKをもらった人がいるとしましょう。
この場合、外から見ると後者の方がモテています。
また本人から見ても、後者の方が多くの女性と恋愛をしています。

確率がよくても1人からしかOKをもらってないのと、確率は低いが10人の女性からOKをもらっているのとでは、後者の方が恋愛をたくさんできるのです。

 

 

よく仕事ができる人、たくさんアウトプットする人がいますが、そのような方達は、たくさん試行錯誤をしています。

恋愛でいったらたくさんアタックしているのです。

 

(2)たくさんアタックして成功パターンを見つけることができる

そして、たくさんアタックしているうちに、失敗例が蓄積されて、反省して、方法変えて再度アタックsて、とやっていくうちに、自分なりの成功パターン、自分の強み、弱みがわかってくるのです。

さらに、実際にアウトプットして、フィードバックを受けているので、どんどん改善がされ、その結果、また仕事ができる人になっているのです。

 

恋愛もこれと同じです。

 

つまり、出会いを増やすことがモテることにつながる理由は

①OKをくれる女性の数が増える(確率ではなく数の大きさ)

②色々試して、自分の成功パターンを見つけるため

です。

 

大体モテない人は経験不足です。
自分もモテない頃は、アタックの数が少なかったです(断られて一々気にしてました)。

しかし、ある程度モテるようになったときは、たくさんアタックしてました(もちろん迷惑になりそうだと思ったら引きます)。

たくさん失敗して、たくさん改善すれば週末にデートする人に困らないくらいにはなります。
ほんとに試行錯誤、PDCAが大事だと思いました。

一部のイケメン以外はやはり地道な努力なのだと思います。

 

 

1.たくさんアタックするとしても、1つのコミュニティにつき1人の女性にしかアタックしない。

 

ところで、たくさん出会いを作って、たくさんアタックすることを勧めておりますが、1つ注意があります。

 

それは、

 

1つのコミュニティにつき、1人の女性しか狙っちゃいけない

ということです。

 

つまり、

出会いというのは、

例えば学生だったら、サークル、同じ授業の女友達、ゼミ、バイト先、習い事、中学の同級生、高校の同級生と、コミュニティ、つまり人間関係の輪がいくつかあると思うのですが、

 

その中の1つのコミュニティにつき、1人の女性としかアタックしてはいけない

ということです。

 

これ、少し考えれば当たり前なのですが、女性すごく横で繋がっています。

そのため、自分がメールを送ったり、話てデートに誘った女性が、別の女性に相談する可能性もあるわけです。

そのときに、

「この前〇〇君に、デート誘われたんだけどー」

みたいな、話になったときに、

「えー?!私もなんだけどー!?」となってしまうと、もう終わりです。

2人から速攻で相手にされなくなります。

 

これを防ぐためには、繋がっていそうな女性には、1人しかアタックしないことが必要になります。

むしろ、少し応用ですが、狙ってる女性(Aさんとします)がいて、Aさんにアタック中は、Aさんの友達(Bさん)にはさわやかな好青年を演じつつも、Aさんのことがすごい好きだということをアピールしておきましょう。

 

すると、AさんがBさんに

「この前〇〇君に、デート誘われたんだけどー」

という話をしたときに、

 

「へー!ついに誘われたかー💕彼、すごくAのことが好きみたいだから、いっちゃいなよー!」的な感じになり、頼んでなくても味方をしてくれるようになります(女性は恋愛が発展する話の方が好きなので、いいと思ったら後押ししてくれます)。

 

また、女性は友達に相談して、そn友達に推されると少なくとも始めの1回はほぼオッケーします。

 

よくわかんないですが、そういう性質を持ってます(笑)

 

ということで、同じコミニティーでは、1人の女性しかアタックしちゃダメです。

 

 

2.少しずつ相手の中での自分の順位を確認する。

 

さて、アタックし始めたら、少しずつ自分の順位を確認しましょう。

 

大体女性はなんとなーくですが、自分にアタックしてくる男に順位をつけてます。

これは、告白されたときに誰と付き合うかを考えてます。

 

1の人がなかなか告白してこないのであれば、2番の人に告白されたときに2番の人にオッケーすることもあります。

 

そして、このタイミングをうまく調整するために、デートに行く日程を調整したり、少し焦らしたりします。

 

あまり長いこと、可能性のない女性にアタックするとこちらも機会を逃します。

 

そこで、割と序盤に、

「〇〇さんって、彼氏いるの?」とストレートに聞きましょう。

 

そして、そのときの反応や、話の発展のしかた、今度どこか行きたいところがあるか、などにより可能性を確かめましょう。

 

ちなみに、この確かめが苦手な人はモテないですね。

自分も昔は苦手でした。

もし今恋愛をするならすぐに彼氏いるか聞きます。

相手に興味持ってることを示せますし、可能性もわかりますし。

 

何より、仮に彼氏いなかったら(実際には彼氏がいないことをわかってて、わざと聞いたりします。)、

「マジで?〇〇さん美人なのに、もったいない!」等と言って、少し踏み込みます。

 

さらに、いけそうだったら

「今度ご飯食べに行かない?」くらいまでは誘ってしまいましょう。

恋愛はタイミングが命です。

イケメンからデートに誘われる前に誘ってしまいましょう。

また、もたもたしてるとチャンスを失います。次にデートに誘うチャンスが来るのは1、2ヶ月後です。

人気のある可愛い子はリアルタイムでアタックを受けます。スポーツ並みに好きを見て、少しでもチャンスだと思ったら切り込みましょう。

 

一方反応が微妙なら引きましょう。

「彼氏いるの?」の一言で、恋愛対象としてみて見てることを伝えることができます。

それで、少しでもチャンスがあれば、女性はデートに誘わせるためか、もう少し関係を維持しておきたいか、のどちらかの意図で、話を膨らませます。

「いないんですよー。彼氏欲しいな。〇〇さんは彼女いないんですかー??」

みたいな返事がくればアタックです。

 

そっけなく、

「いないですよー。でも今恋愛モードじゃないんで気になりません」

的な返事きたら無理です。

女性は、興味のある男の人に対しては恋愛モード、興味ない男の人の前では恋愛モードではない、という回答をしますので、上の返事は容赦なくお断りの返事です。

 

自分が好みではないか、

本当は彼氏がいるか、

別の人にアタックされていてけっこう進んでいるか、

 

いずれにしてもその流れで誘ってもダメージ負うだけです。

 

 

⒊無理そうだと思ったらいったん引く

アタックは大事なのですが、無理そうだと思ったらいったん引いてください。

 

無理そうなのに、まだアタックすると迷惑なだけですし、女性の気持ちを理解せずに自分のことだけ考えて行動してることになります。

 

まったくもって逆効果です。

 

しかも、無理そうだと思ったら、別の女性を狙う、という選択肢もあるわけです。(あまり切り替えが早すぎるのもどうかと思いますが)

とはいえ、相手にされてないのであれば、早々に切り替えて良いと思います。

一方。何度かデートしていて、すぐ切り替えるのは失礼だと思いますが。

 

それで、もしアタックしてみて、反応がイマイチのときは

①別の人を狙う

 

②タイミングを改めて再度アタックする、の2つの選択肢があります。

 

実際、②のタイミングを改めてる間に、別の人をひっそり狙う、というのはありです。

脈なしだと判断して、諦めた。でも、恋愛したいから頑張る。

はありです。

 

それで、あまりしつこくアタックすると、女性の連絡網により、評判が落ちます。

モテる人はアタックも引き際も紳士で、女性を思って行います。

さらに、「彼氏いるの?」あたりで止めておけば、ジャブ程度であり、深いアタックではないです。

 

そのため、女性の反応により、諦めて他の人にターゲットを変更することは、まだ軽くないです。

 

しかし、何度もデートに誘って、それでうまくいかないから、ターゲットを変えるのは、いい加減です。

相手の女性の印象最悪でしょうし、女性の連絡網で広がった場合、一気に却下対象の男になります。

 

印象悪くなったら別の機会にその女性にら再度アタックしても、当然無視ですし、別の女性を狙うことも無理です。

 

致命的なミスをやらかしてますし、いいことは全くないです。

したがって、アタックしてみて、無理そうだと思った場合は、いったん引きましょう。

 

以上、「モテるために1番大事なことは出会いを増やすこと。」の記事でした。

 

読んで頂きましてありがとうございました。

 

Shingo

 

 

-恋愛について

Copyright© とにかく笑えれば , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。